【独学じゃ無理?】TOEIC初心者はスクールや通信講座も選択肢に入れるべき

会社に勤めながら独学でTOEIC930点を取得し、このブログでは自身の勉強法や役に立った参考書籍の紹介などをさせてもらってますが、英語学習全体を通して今まで完全独学だったわけではありません。

まずTOEIC以外にも英語学習に多くの時間を費やしましたし、IELTSのライティング添削、ヒアリングマラソンなどの通信講座などを受講した経験もあります。

1ヶ月の短期対策で930点を取れたのは、そういった経験を通じて英語学習の本質や要領をある程度理解していたからではないかと思っています。つまり「900点以上取るために何をすればいいか自分でわかっていた」のです。

ではTOEIC対策をこれから始める初心者の方や英語学習を始めたばかりの初級者の方は??

本記事の内容

  • 初心者が独学でTOEICスコアを上げるのは無理なのか?
  • 即効性と確実性を同時に求めるなら英語コーチングスクール
  • 自己管理がしっかりできるなら通信講座にすべき

初心者が独学でTOEICスコアを上げるのは無理なのか?

TOEICは独学でもスコアを上げることが可能です。効果的な学習方法も書籍やネット上で語り尽くされているため、調べさえすれば独学で解決しきれない問題もほとんどありません。

独学のデメリットはスタートダッシュが遅いことです。

私も当ブログを通じて、効果的な学習方法やトレーニング法について紹介させてもらってますが、そこに到達するまでは無駄な勉強法もいっぱい経験しています。

書籍においても過去に読んで価値のあったものを厳選して紹介しているだけであって、裏では倍以上の量を取り組んでいます。これは他の英語学習ブロガーさんでも同じことだと思います。

何が言いたいかというと、「完全独学には無駄な時間も多く存在する」ということ。

1冊目で良書に出会える可能性もあればそうじゃない場合もありますし、学習方法によっては教材の良さを活かせないこともあります。

独学だと最初はそれに気づけません。判断基準が自分しかいないので「より良い」書籍や「より良い」方法があるのかどうかわからないんですね。それを解決する方法は、「全部自分で試す」のみです。

「こんなやり方あったのか〜」と今まで何度もガックリしてきましたが、失敗も経験しているからこそ自信を持って最適解を提案できたり、何よりこういうブログが書けてるので、厳密に言うと独学も無駄ではありませんけどね(意地)。

でも「TOEICのスコアアップ」という明確な目標があるのであれば「ウチはTOEIC対策してますよ」っていうスクールに通うのはアリ中のアリです。

即効性と確実性を同時に求めるなら英語コーチングスクール

「海外出張のための社内規定をクリアしたい」「唐突に海外赴任が決まってしまった」など至急英語力を向上させる必要がある方向け。

ここで紹介するスクールはコーチングシステムを導入しているところのみです。というのも週1~2回の一般的な英会話スクールでのTOEICコースはコスパが良くないので。それなら「通信講座とオンライン英会話」の組合せの方が費用も安く、効果も高いです。

英語コーチングとは

コーチングとは、コーチングを受ける相手に対し目標達成に必要なスキル・知識・トレーニング法を提案し、その行動を支援することで成果を出させるプロセスのことです。

英語コーチングの場合は、(一言で言い表すのは難しいですが、)
・専属コーチ・専属トレーナーが生徒の英語力の細かい分析を行う
・目標(最終/長期/短期)を設定し、目標達成に向けてオリジナルカリキュラムを作成
・カウンセリング・タスク管理は毎日行う
・精神的なサポート(がんばれ!ガンバレ!君ならできる!絶対できる!!)を行う
など。

上記の通り、受け身のレッスン(ティーチング系)はなく、基本的にはインプットもアウトプットも全て自分で行動する。「一切のムダを削ぎ落とした独学」って感じ。意欲モリモリの人はなおさらティーチング系でなくコーチング系スクールを選びましょう。

質の高い英語コーチングスクール

「〇〇コーチとの3年間の軌跡」みたいなアスリートのドキュメンタリーがありますよね?コーチが選手と同じ目標を持ってトレーニングも寝食も共にして徹底的に選手をサポートします。羽生選手も大谷選手もどんな最強のアスリートにも必ずコーチがいます。

英語学習そのもの以外にも時間の捻出の仕方、生活習慣の見直し、挫折を防ぐ仕組み、また挫折しそうでも立て直す力をサポートするのも立派なコーチングです。

とは言え、そこまで徹底した英語コーチングスクールはまだ少ないです。おすすめコーチングスクール3社は下記記事にまとめました。
【無料あり】TOEICスクールを選ぶなら短期集中型にすべき理由とオススメ3社

スタディサプリ TOEIC L&R対策コース パーソナルコーチプランは誰にオススメ?

こちらは英語スクールには珍しいオンライン完結型の英語パーソナルコーチングシステムです。

対面がないと言っても週1回の電話面談とチャットによる毎日の学習報告がありますので、「TOEICの勉強しないといけないことはわかってるんだけど、、、勉強したい気持ちはヤマヤマなんだけど、、、ついサボっちゃう、誘惑に負けちゃう、何かしら言い訳しちゃう」という方にオススメです。

至急必要なわけじゃないけど英語を上達させたい・TOEICスコアを上げたいという方、コーチングスクールは高くて手が出せないという方、そもそもコーチングスクールって都会にしかないやんけ!!っていう地方在住の方

パーソナルコーチプランの概要

最初の面談でコーチの方と一緒に目標と学習プランを立て、コーチのアドバイスを受けながら学習コンテンツ(テキスト、講義動画、問題集アプリなど)をスケジュールに沿って進めていきます。

乱暴に言うと「言われた通りのことをやって毎日報告するだけ」でスコアが上がります。

配布テキストやスタディサプリ以外の教材も使用しても構いませんし、効果的な学習方法について相談するのも自由ですので、意欲があるか方はこのコーチング期間を存分に利用しましょう。

>>スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランの詳細

料金もリーズナブル

さてこのパーソナルコーチプラン、3ヶ月コースで68,000円です。これを高いととるか安いととるかは人それぞれですが、上記のコーチング内容(プラン作成、カウンセリング、日々のタスク管理)で68,000円(1日あたりで約750円)と考えるとそんなに高くない気がします。

TOEICの勉強が進まない、なかなかスコアアップしない原因はただ1つ。

「学習が継続できない」

これだけです。

継続できない理由は「時間が確保できない」「効率良い勉強方法がわからない」「意欲が沸かない」などいろいろあるかと思いますが、これを全て解決してくれるのがパーソナルコーチです。

尿酸値注意って言われてるのに誘われたからって言い訳して飲みに行きますよね?ダイエットなんて食べなきゃ痩せるってわかってるのにお菓子をわざわざコンビニに買いに行ってまで食べちゃったり・・・

強制力のある日々のタスク管理だけで68,000円の価値はあります。

また学習を進めるうちに成果が実感できるようになると、強制的にではなく自発的に英語に取り組むことができるようになります。

>>スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランの詳細

自己管理がしっかりできるなら通信講座にすべき

コスパが高くて個人的には一番オススメ。ここでの自己管理というのは「積極的に学習に取り組むかどうか」「三日坊主にならないか」ということです。

質の高い通信講座はカリキュラム通りに進めていけば確実にTOEICスコアも英語力も上がるようになっています。良質なテキストと効果的な学習法が明確に示されているので、「ムダを削ぎ落とした独学」という点ではコーチングスクールと似たところがあります。

ただ毎日報告しなくてはならないコーチやケツを叩いてくれる教官がいないので、サボりたければいくらでもサボれてしまいます。

とは言っても、多くは余裕を持たせたスケジュールとなっていて、所々にゲーミング性を取り入れたりして挫折しにくい工夫もしっかりとされています。

純粋に英語力を上げたいな〜と思っている人は通信講座を選んでも問題ないでしょう。

アルク TOEIC L&R TEST 完全攻略シリーズ

アルクの講座を選んでおけばまず間違いはないっ!!!のですが、概要を少しだけ。

アルクのTOEIC対策コースは目標スコア別に全6コースあります。

  • 超入門コース:1日15~20分・週4日・3ヶ月
  • 500点コース:1日20~30分・週6日・3ヶ月
  • 600点コース:1日60分・週7日・3ヶ月
  • 700点コース:1日40~60分・週5日・4ヶ月
  • 800点コース:1日60分・週5日・5ヶ月
  • 900点コース:1日60分・週5日・6ヶ月

英語への抵抗をなくし基礎力をしっかり作る、それができたら徐々に語彙力を増やす、次は時間を意識してみよう、みたいな感じで目標スコアごとに学習内容のテーマを絞り込んで着実に英語力を向上させていく仕組みになっています。

>>こちらで各コースの体験(サンプルテキストと音声)ができます。

試験の傾向やテクニックよりも英語力の底上げを重視していることが伺えます。もちろん「テスト対策」にもフォーカスしていますが、英語力が向上した結果としてスコアがついてくる感じです。

スタディサプリ TOEIC L&R対策コース ベーシックプラン

時間に迫られてない方は、前述の英語コーチングで紹介したパーソナルプランの前にこちらのベーシックプランを1ヶ月ほど試してみることをオススメします。

スタディサプリTOEICコース紹介ムービー


「スキマ時間をムダなく最大限利用できる学習コンテンツ」となっており、コンテンツを細かく分けることで、1分〜5分という短いスキマ時間もTOEIC対策に取り組むことができます。

皆さん敬遠しがちなディクテーションも簡単な短文穴埋め形式から取り組めるようになっていて、少しずつの取り組みで重要さや効果がわかるように工夫されているのもポイント。

ベーシックプランをコツコツ続けて200点以上アップされた方や700点台まで突破した方もいるので、パーソナルコーチプランに変更するのは、ベーシックプランを続けていて「スコアが停滞してきた」「今の自分にはどんなトレーニングが最適か」「もっと効率的に勉強をしたい」という状況になってからでもいいかもしれません。



今回は以上となります。

ここで紹介したものはどれを選んでも全て質の高い講座・教材で、カリキュラム通りに取り組めば確実に英語力・TOEICスコアは上がります。迷ったら最終的には「自分が継続できるか」という視点で選ぶのがいいかと思います。

今回ご紹介したスクール・講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です