TOEICで成果を実感するのに必要な勉強時間は100時間です。【初心者は効率を求めるな】

「今550点だから次の目標は600点にしようか。そしたらどのくらい勉強時間が必要なんだろう?」「毎日1時間をどのくらい続ければTOEIC800点くらいまでいけるかな?」

上記のように、勉強時間とスコアアップの相関性についてよく聞かれるのでお答えします。

本記事の内容

  • TOEICで成果を実感するのに必要な勉強時間は100時間
  • 100時間の勉強時間をどう使うか【初心者は効率を求めるな】
  • TOEICを100時間勉強した後に見えてくるもの

今回はすでにTOEIC学習に100時間以上かけている方にはあまり必要ない内容となっています。(というか全て知っている内容のはず。)

結論:目標スコアに関わらずTOEICの勉強に100時間費やそう。話はそれからだ!!

TOEICで成果を実感するのに必要な勉強時間は100時間

もちろん内容も大事ですが。時間の投資は絶対です。

100時間を目安にすべき理由

確実に勉強成果がTOEICスコアに現れるための目安が100時間です。

この記事を読んでくれている方はまだ英語学習に本腰を入れてない方もしくは勉強を始めたばかりの方が多いと思います。

英語学習者の初心者・初級者によくあるのが「勉強しても成果出ているのかわからず、勉強をやめてしまう」ということ。

英語って(というか語学全般)単語1つ、構文1つ覚えたところで何か読めるようになったり、話せるようになったりするわけじゃないので、最初の「できた!!」という感触を得るまでに時間を要するんですよね。

でも途中でやめるのは勿体無いです。ある程度蓄積するとできることが一気に増えるのでもう少し頑張りましょう。

英語力というのはすぐに結果が出るものでなく、ある程度学習が集積したところで一気に自分の伸びを感じるようになります。だから、なるべく間をあけずに一定期間学習を続けてください。結果は必ず出ます。

石井洋介[アルク・新これならできるTOEIC L&R 超入門 監修]

とりあえず100時間ほど勉強すれば成果がスコアに現れるかなと。成果を自分で確認できると学習意欲も持続できますし、次の目標や時間計画も立てやすいのでは。

確実に成果を実感できるスコアアップとは

TOEICは勉強すればするほどスコアが伸びる試験ですが、TOEICスコアはその日のコンディションによって±20点くらい余裕で変動します。

「椅子のギシギシ音が気になる」「もっと前の方に座りたかった」などちょっとしたことが集中力維持の妨げになることもあるでしょう。20点分の勉強をして実力で20点上がっても前回が異様に調子良かったらプラマイゼロになることも。

となると「スコアが伸びた!!」と確実な達成感を得るためには最低でも40点はアップさせたいところ。

先に引用した石井先生のコメントと重なるところもありますが、TEX加藤先生は以下のようにTOEICの勉強時間とスコアアップの関係性について以下のように言っています。

TOEICの魅力は、勉強すれば確実にスコアが伸びることにあると思います。一夜漬けでは、英語力がない段階で高得点は取ることは難しいですが、勉強すれば確実にスコアが上がります。私の指導経験では、毎日3時間勉強すると3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。つまり200~300時間勉強で100点もアップすることができるのです。

TEX加藤 [マイナビインタビューより]

200~300時間で100点アップなので、100時間ほど勉強して40〜50点上がるということですね。勉強内容も大事ですが、私の過去のTOEIC経験からも上記の数値は妥当なところだと思います。

私のTOEIC受験歴

  • 730→815(20日間で160時間、85点アップ)
  • 815→850(2週間で50時間、35点アップ)
  • 850→930(4週間で150時間、80点アップ)

現時点でのスコアやバックグラウンド(常日頃からTOEIC以外の英語学習もしている)にもよるところがあるので一概には言えませんが、TOEICスコアだけで考えると、100時間の勉強で50〜60点上がるくらいの感覚です。

100時間をどれくらいの期間で達成できる?

継続して勉強すれば何日かかってもいいです。1日約3時間勉強すれば4~5週間で100時間になりますが、1日1時間で3ヶ月間かけてもいいし、1日10時間やれば10日で終わりますね。

もう一度言いますが必ず継続して100時間達成するようにしてください。1日1時間 / 週5回を5ヶ月続けるとかならいいですが、20時間勉強して1ヶ月以上経ってまた15時間とかはダメです。その場合はリセットするように。

英語に対して抵抗感がある方はまず学習習慣をつけるところから始めてもいいと思います。ひとまず「英語学習を継続したい」という方は下記記事の教材がオススメです。
アルクのガチ初心者向け教材「新これならできる TOEIC L&R TEST超入門」やってみた

スキマ時間もカウントしていい

カリスマ英語講師の関先生は「短時間で集中できるスキマ時間こそTOEIC学習に最適だ」とおっしゃっています。

次の駅までにこの問題を解く、などあえて追い込んでみるといい。
焦った中で英語を読むのはとてもいい練習になる。
例えば電車のアナウンスで「次は○○駅」と言ってから到着までに1分はある。そこで1問解く。
コンビニの待ち時間、信号待ち、エレベーターが目的階に着くまでに1問など、そういう時間をまとめると1日に50分は確保できる。文法なら1分間に3問解く。
時間に追われるTOEIC®だからこそ、この使い方がとても有効です。

関正生[スタディサプリ TOEICコース講師]

スタディサプリの公式サイトで「TOEIC®L&R対策コース」の詳細を見る

ということで、勉強意欲はあるけど勉強時間が確保できないという方はスキマ時間もガンガン活用しましょう。スキマ時間のひねり出し方や活用例は下記記事にまとめています。
勉強時間を確保できない?忙しい社会人こそスキマ時間を絞り出すべき。

100時間の勉強時間をどう使うか【効率を求めると失敗する】

極端に勉強時間だけにこだわるのは良くないですが、まずは何でもいいので100時間勉強を続けてみること。

初心者のうちはあまり「効率」を考えずに取り組んだほうがいいです。

TOEICでなかなかスコアアップできないのは圧倒的に勉強時間が不足しているからです。どんなに効率的な勉強方法でも元の勉強時間が足りなければ効果は薄いのです。(ゼロに何を掛けてもゼロ)

英語初級者は何をやってもプラスになる

オーストラリアの語学学校で講師にこんな質問をしたことがあります。

「文法は結構自信があるので家では読書とライティングをやってます。でもスピーキングも授業だけじゃ足りない気がするし、リスニングも単語勉強もしたい。何から優先的にやればいいですか??」

その時のジェニファー先生の回答はこうです。

「全部よ(^ ^)」

・・・(`・ω・´)

「何をやっても必ず成長につながるから(^ ^)」

いやまぁそれはわかってんだけどなー、、、とその時は思いましたが、おそらく先生の心の声は下記です。

(何から重点的にやればいいですか?ってどれも全部ダメやん。効率とかグダグダ考えてる暇あったらさっさと勉強しろやカス)

結論は「いいからとにかくやれ!!」です。

独学で最初から効率よく勉強するのは無理

英語を本格的に勉強し始めたころ、私は何でもかんでも音読して全ての例文を丸覚えしていました。

今では「この例文は実用性があるから口に馴染むまで何度も音読したほうがいい」とか「こんな不自然な表現はしないから単語だけ覚える程度に読んでおこう」とか「アレンジすれば自分がよく使う表現になるな」とか考えながらやってますが、英語初心者にはそんな見極めはできません。

むしろ上級者でない限りは「自分の口に英語を馴染ませる」「英語のリズムを感覚的に身につける」「単語を覚える」という点で、何でも丸暗記してしまうくらいでいいです。無駄に覚えても使わなければ自然と忘れていきます。

英語学習は「量が質に変わる」もんです。

効率を求める前にまずは100時間。TOEIC受験者の大半は試験準備に30時間も費やせていませんので、ライバルに差をつけるチャンスです。

花道ハンパねぇ!!

どうしても効率を求めるなら

効率のよい英語学習とは「自分のレベルにあった教材を一切のムダを排除したカリキュラムで進める」ことです。

これを最初から自分でできたら英語の教師はこの世に必要ないですね笑。限界を感じたら一時的にスクールや通信講座に頼るというのもアリです。

【独学じゃ無理?】TOEIC初心者はスクールや通信講座も選択肢に入れるべき

TOEICを100時間勉強した後に見えてくるもの

とりあえず100時間勉強すると下記2点が得られます。

  • 勉強した分だけ成果が得られるという実感
  • まだまだ勉強時間が足りないという実感

何かを成し遂げるためには10,000時間それに取り組むことが必要だなんて言われてますけど、そう考えると100時間なんて達成率はたったの1%です。

事実、100時間程度で得られる英語力なんて大したことありません。それでも100時間前と比べると確実に実感できるレベルで英語力はアップします。またその成果はTOEICスコアにもあらわれます。

私も今まで「こんなにやったのにまだこのレベルなのかぁ」とうなだれるコトが何度かありましたが、勉強した分、必ず何らかの結果が得られている実感があったので、「じゃあ次はもっと勉強しよう」という気になってました。

皆さんにも是非「成果を実感する」という体験をしていただきたいと思います。100時間達成に向けて頑張りましょう٩( ᐛ )و

今回はそんな感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です