新規WordPressをローカル環境へインストールする

新規サイトをローカルホストで開始しようと思っている方は、ある程度作り込んでからWebサーバへ公開する予定であるという方が多いのでしょうか。初心者の方で最初から決まったフォーマットでとにかく記事を投稿していきたい方だとローカル上で作業するメリットはあまりないかもしれません。

ですが、記事が増えてきてデザインのカスタマイズに興味を持ち始め、そこからローカル環境を準備しようとすると、めんどくさ〜サイト開設時にやっとけばよかった〜。と思う方も多いのではないでは?私だけ?

ということで、今回はWordPressで新規サイト開設時からローカル環境へインストールする手順をまとめました。

ローカル環境の準備とデータベースの作成

まずWordPressの動作に必要なApache、PHP、MySQLをローカル上(自分のPC上)に準備し、その中にWordPressデータの居場所を作ってあげます。

一つ一つインストールして相互リンクさせるのは難易度が高いので、それらが一括でパッケージングされたアプリ(MAMPXAMPP)をインストールします。

私はMAMPを導入しましたのでインストールまでの手順をご紹介。

WordPressのバージョンを確認する

2017年4月現在のWordPressの動作環境は

・PHP バージョン7.0以上
・MySQLバージョン5.6以上

MAMPはこれらの条件をカバーしていますので特に何もしなくてOK

MAPMのインストールと設定

MAMPのインストール
まずはMAMPをダウンロード。無料版を選んでもお試し版としてProも同時にダウンロードされますが、放置しておけば購入には至りません。(後で削除すればOK)インストール先の指定や利用規約など指示に従って進めていけばインストールは完了。

MAMP起動
アプリケーション→MAMPフォルダ内のアイコンをクリックすると小さなウィンドウが起動します。この状態ではまだWebサーバは起動していないのでスタートボタンをクリック。

右上のボックスが緑色になれば起動した状態となり、それと同時にブラウザが起動します。(しない場合は真ん中のスタートページを開くをクリック)

これでMAMPを使ったローカルサーバの設定は完了。

phpmyadminで新しいデータベースを作成

phpMyAdiminに入って自分が使うデータベースを作成します。さっき起動したブラウザの上部メニューのToolの中にあるphpMyAdminをクリック。


PHPのバージョンが7.1だとクリックできないので、その場合はバージョンを7.0.xに落とすか、アドレスバーにlocalhost:8888/phpMyAdmin/と直接入力すると入れます。バージョンを落とす場合はMAMPの環境設定から変更できます。


アクセスできたらデータベースタブから新しいデータベースを作成します。サーバ接続の照合順序はutf8_general_ciを選択しておきましょう。(データベース名は何でもOKですが、半角英数字のわかりやすいものを推奨します。)


これでローカルサーバ内に自分用(WordPress用)のデータベースが作成できました。他のデータベースはmySQL管理で使用されているものなので中を覗くくらいなら良いですが基本的に触らないようにしましょう。勝手に数値とか変えてしまうとmySQLが動作しなくなってしまうこともあります。

ローカルサーバへWordPressをインストール

まずWordPress公式サイトから最新版のWordPressをダウンロードします。

zipファイルを解凍し先ほどインストールしたMAMPのhtdocsフォルダに入れます。必須ではありませんが分かりやすいフォルダ名に変えておくといいかと思います。このフォルダ名はローカルホスト上でのURLになります。

MAMPでサーバ起動させた状態でブラウザからhttp://localhost:8888/ にアクセスします。
フォルダ名を変更した場合はhttp://localhost:8888/フォルダ名/ に、さらにポート番号を変更した場合は8888の部分をその番号を入力してください。


するとこの画面。phpMyAdminで作成したデータベース名、MySQLユーザ名、パスワード(MAMP/XAMPPではrootと設定されてます)を入力します。他は変更しなくて大丈夫です。


フォルダ内にwp-config.phpが作成されたはずです。心の準備ができたらインストール実行。


ここでサイト名、ユーザ名、パスワード、メールアドレスを入力。検索エンジンのところはチェックを入れておきました。(ローカル = オフライン作業みたいなものと思っているのであんまり関係ないはず。)にしても非常に脆弱って、、、


インストールをクリックすると自動的にログイン画面になるので、今しがた設定したユーザ名、パスワード名を入れてログインします。


おめでとうございます。この画面が表示されれば成功です。

これでローカルサーバへのWordPressインストールは完了。記事を書いてみたり、HTMLやPHPをイジって勉強したりしていろいろ遊んでください。

おわりに

お疲れ様でした。初めてだと見慣れない用語も多いし、このシステムを理解するのが億劫に感じるかもしれません。私も最初丸1日かかりました。記事にまとめるとこんなちょっとなのに。でも慣れてくると理解が深まることが楽しくなってきます。

楽しみながらやっていきましょ〜。ほなまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です