Co van Kesselのチャリ旅が魅せてくれるリアルバンコク

日中の交通渋滞がひどいバンコクではチャリンコツアーが密かに人気です。サイクリングツアーメーカーはいくつかあるようなのですが、その中の1つであるCo van Kesselが提供するバンコク郊外9時間チャリンコツアーに参加してきました。

コンセプトはThis is Real Bangkok


オフィス内の装飾やオリジナルグッズにもIt’s a different world!!!のスローガンが。つまり観光地バンコクとは別のローカルな部分をお見せしますよ〜。過去にバンコクに訪れたことのある人でもこのツアーを通してまた印象がガラッと変わりますよ〜とのことだそうです。

ちなみに後から知りましたが、このツアー会社の創設者はチャリ大国のオランダ人で、Co van Kesselはその方の名前のようです。どおりで他の参加者は見渡せばほぼオランダ人をはじめヨーロッパ系の方々ばかり。

この時用意されていたコースは「Daytime 3時間」「Night time 3時間」「All Day 9時間」の3種類。現在はサイクリングだけでなく徒歩やボートツアーも増えて8種類あるようです。※各コース概要は後述

そこに住む人の日常が見れる

ということでAll Dayに参加。この日の参加者は4人、うち3人はオランダ人。みんな1列に並んで蛇みたいに付いてきてね〜。あとは随時外で説明します。と言う注意事項のあとチャリンコを選んで出発です。

All Dayは列車で移動した先のバンコク郊外がメインのツアーです。郊外といっても少し離れるとすぐ田舎なんですが。

駅に向かう途中に市内のマーケットや民家を案内してくれます。3時間ツアーのハイライトといったところ。

こんなとこもあんなとこも通ります。安全面から車道はできる限り避けるようなコース取りをしているそう。街中でも裏路地や人んちの庭とかグイグイ通ります。

ランチは希望に応じてガイドさんが適当にチョイスしてオーダーしてくれます。このランチと途中のつまみ食いやドリンク、電車賃などは全部ツアー料金に含まれているので、ツアー中に財布を出すことはありません。

チャリから見える景色の一部。どこもかしこもチャリで爆走してた小学校時代を思い出すなど。

最後はボートでチャリンコと共に水辺民家を横目に都市部へ流されます。

感想

時期は2月後半で晴天でしたがチャリを漕いでる時の風が気持ちいい爽快な暑さでした。ただめちゃくちゃ日焼けしましたが。

途中でつまみ食いしたり、その辺の地元の人とお話したり、子供たちがワラワラ寄って来たりして休憩できるのでそんなに疲れることもなく、9時間あっと言う間でした。地図を片手に、、、では到底辿り着けない所をずっと案内してくれます。途中で立ち寄る寺院も地元の方がちらほら参拝に来ているくらいでかなり空いてます。家の近所の小さい神社みたいな感じでのどかです。

ガイドさんは多くを語りすぎず、あくまで自分たちで探索して人それぞれ違った価値を見出せるように導いてくれます。もちろん必要な情報は随時提供してくれるし、聞いたら何でも答えてくれますが。そして何より話がおもろい!!

バンコクでちょっと違ったことをしてみたい、人ゴミや都会の喧騒が苦手、ザ・観光地よりローカル感溢れるマニアックな所に行ってみたい(例えるなら道頓堀より新世界(!?))という人に特におすすめです。

もちろんバンコクが初めてな方にも。

コース・料金

  • Classical(3時間 / 950baht):市内の生活感漂う路地を通って、マーケット、寺院、商店街を巡る。
  • All Day(9時間 / 2100Baht):市内ハイライトからの電車でチャリごと郊外に移動した先でののんびり田舎ツアー。帰りはボート。
  • Night Time(3時間 / 950Baht):Classicの夜バージョン。ランタン、イルミネーションスポットも案内してくれる人気のコース。
  • Combo;(5時間 / 1650Baht):Classicハイライト + 林道サイクリング&運河ボート。
  • Canalling(2時間 / 1350Baht):伝統的な水辺ライフを見ることができるボートツアー。
  • Rocket Boating(5時間 / 1850Baht):ボートをいくつか乗り継ぎ、ハイスピードでスリル満点とのこと。
  • Walking(2時間 / 750Baht):Classicで通るチャイナタウンのチャリでは通れない所を徒歩でカバー。
  • Issan Homestay(2泊3日 / 15,900Baht):田舎で異文化体験。もはや Bangkokちゃう!!(600km離)

アクセス

バックパッカーの聖地カオサンから4-5km離れたRiver City Shopping Centreに集合オフィスがあります。River Boatでも電車でもサブウェイからでも!!

公式HP [英語/オランダ語/タイ語]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です