小さな古都Goudaを賑わすチーズマーケット

ゴーダチーズはオランダを代表するチーズの一種。日本でも大抵チーズコーナーに置かれています。他の有名どころのチーズと比べてクセが強くないし、ちょい塩っ気もあっておつまみにもなるので結構好きです。

そのゴーダチーズ発祥の地・ゴーダ(Gouda、ハゥダ)では4月〜8月の毎週木曜日に町の中心部でチーズマーケットが開催されます。オランダには過去2回、ゴーダには1ヶ月半ほど滞在していたことがあるんですが、運良くチーズマーケットの開催時期にかぶってたので行ってきました。

取引されるチーズたち

ゴーダ市庁舎
この年最終回のチーズ市は快晴。

チーズマーケット
こんな感じででっかいチーズがズラーっと並べられていました。一般人も混じってるのでわかりにくいですが白衣(?)の人が販売業者さん、ベレー帽にオランダ伝統の木靴履いてるのがチーズの生産者です。取引が成立したチーズは馬車に載せられます。ちなみに奥の建物はワーグ軽量所。中でチーズをでっかい天秤で計量してます。

運搬、陳列、計量の役目はそれぞれ専門(?)の人たちが担っているそう。このでっかいチーズを数百個から千個近く移動させるのは大変でしょうね。放り投げたりしてたけど頑丈にできてるんですかね。

昔、船の大砲の弾がなくなってこのままじゃ負けちゃうから何でもぶっ飛ばそうって船の食料庫にあったチーズを大砲に込めて敵に飛ばしたそうです。確かにこれがすごい弾速で大量に飛んできたらひとたまりもない。

ゴーダチーズ
…む?

木靴とお姉さん

オランダの民族衣装
さて、チーズマーケットを盛り上げてくれるのは伝統的なオランダの民族衣装をまとったお姉さん方。Klompと呼ばれる木靴は結構足痛そうに見えますが実際履いてみると、、、めっちゃ痛いです。コツがあるのか慣れなのかわかりませんが、まず重いし動かすたびに足の甲が当たって痛い。。。

ですが、雑貨屋さんや空港に置かれているグッズは軽くてかさばらず、オランダらしさがあって見た目も可愛いし、税関も関係ないし、安いしでお土産に最適!!

オランダ 木靴
キーホルダーや小物も喜ばれるんですが、イチオシはこのルームスリッパ。かわゆす。

ゴーダ チーズマーケット
にしてもやっぱりみなさん身長が高い!!私は日本では身長高い方(165cm)なんですが。。。オランダでは女性の平均身長より10cm近く低いのです。レンタサイクルも基本足届かぬ。。。

市民のおたのしみ

チーズマーケット
一般人向けのチーズ屋台です。このサイズなら買って帰れますね。安心安心。

チーズマーケット
チーズに合わせるパンやワッフルを置いているお店も。その他チーズ以外の食品や雑貨、洋服なども含めて広場周辺には屋台がたくさん出てます。(日曜市みたいな感じです。)チーズの試食ができるところもあるのでつまみ食いしながら。

ランゲ・ティーデ通り
こちらはいつ来てもワイワイしてるランゲ・ティーデ通りのゴーダチーズ専門店。広場を中心部としてこんな感じに通りに店が並んでます。この辺りはチョコの専門店とか茶葉の専門店とかもあるんですが、一軒一軒は小ぢんまりしてるけど品揃えが豊富で珍しいものも置いてあってつい長居してしまう。

おまけ


私は相方がチーズ嫌いなのでBRAMで買ったコロッケパン片手に散策。ゴーダ生まれゴーダ育ちのくせにこの世で一番嫌いな食べ物チーズて、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です