嫌われ者のToeic:上手く付き合えば無駄じゃない!!

就職や昇進で1つの指標とされるものにToeic L/R(以下、Toeic)がありますね。実際スコアを取ったところで社会的評価が上がるかどうかは別として(個人的には全く恩恵を感じてません。)、履歴書に記入欄があるからにはそれなりのスコアを取って記入しないと、と考えてしまいますよね。

でもいざ勉強しようとするとこんな声が聞こえます。

「Toeicで高得点を取っても喋れないと意味がない。」
「Toeicとか英語力じゃない」
「あれってテクニックで取れるんでしょ?」

そして

「Toeicって意味あるの?」

ここまで言われるとモチベーションはダダ下がり。Toeicを勉強し始めることに迷いが生じてしまいます。そんなモチベーションのまま「でも必要とされる機会が多いから」と無理に勉強をしてもツラいだけです。

Toeicに意味はないのか

上記の批判的なコメントの通り、確かにToeicでスコアを取ったからといって喋れるようにはなりません。でも当たり前ですよね、スピーキングの要素が全く含まれてないんだから。

リスニングのスピードは遅いし、必要とされる語彙数は少ないし、トピックの内容も一律局部的、慣れといわゆる傾向と対策作戦でスコアは上昇するのも事実です。

ただToeicの勉強に意味がないかというとそれは違います。Toeic高スコアが総合的な英語力の高さを示すものではありませんが、英語の基礎の部分ができていないと高スコアを取ることは絶対に不可能です。

そういった意味で英語の基礎を構築するためにToeicを利用するのは意味があると思ってます。単なるスコアアップのためだけにToeicを勉強することが無意味だということです。要は勉強の仕方。テクニックで取れるからといって情報収集ばっかりしていて英語力が上がるわけないですもんね。

Toeic高スコアを目指して得られるもの

慣れやテクニックを除き、Toeicで高スコアを取得している人は以下の能力が定着しています。

  1. 英文法
  2. Toeicに必須の単語力
  3. 読解のスピード

全ての英文は文法と単語で構成されています。文法が木の幹や枝となり単語は葉っぱや花みたいなイメージです。文構造を知らなければ、読み聞きして理解することも、表現したいことを話すこともできません。そのために1.の英文法はToeicであろうとなかろうと英語力の基礎として必須です。

また3.の読解スピードはToeicのリーディングを解き終えるために必要な能力ですが、リスニングやスピーキングにも効いてきます。読んで理解する処理スピードが遅いのに、それより速い音声を聞いたり発したりという処理に追いつけるわけありません。

Toeicは英語を喋るための土台ができているかどうかを問う試験

今までので気づいたかもしれませんが、英語を喋れるようになるには上記3点の基礎を固めておく必要があります。会話とは単語と文法で構成された英文を耳で聞き、口に出して喋るということです。

「Toeicで高得点でも喋れないんでしょ?」

Toeicは喋ることを求めらる試験ではありませんが、喋るのに必要な英語の基礎がなければスコアを取れない試験です。内容がビジネスだろうが、趣味・雑談であろうが使われる単語が異なるだけで英文構造は変わりありません。英語の基礎作りはToeicでなくてもできますが、手段の1つとして捉えてみてはどうでしょうか。

「俺Toeicスコア300台だけど800とか900取ってるやつより全然喋れるよ?」

上司にこんな人がいたら要注意です。どう考えてもリスニングできてへんやん。。。あと喋るという行為とその内容が正しいかというのは別問題です。(ちゃんと会話できてるのかな。。。)

300台で800台より喋れるっていうのは、本人の思い込みに加えて、おそらくその800台の人は(仕事で)喋る機会が少なかったからだと思います。同時に同期間、同じ英会話環境に置かれたら1日目からすぐに差が現れますよ。

結局Toeicは勉強した方がいいの?

基本的な文法、単語、英文処理の土台作りという点でToeicは良質な学習材料だと思います。ただスコアが上がるにつれて英語力を伸ばす効率が悪くなりますので、スコアアップにこだわるような勉強をするのであれば英語力の向上にはあまり期待できません。英語に興味を持ち始めた方で何から始めたらいいかわからないという場合は選択肢の1つとしてToeicを入れておくといいかと思います。

そんで勉強がつまらなくなってきたら卒業もしくは一旦中断するのもアリです。というのもToeicで扱われるトピックって変化がない上に究極につまんないので。イヤイヤ勉強してるとモチベーションも下がって英語嫌いになっちゃいます。

私も720→815→850でToeicの勉強は断念しました。以降は洋書、映画、ヒアリングマラソン、オンライン会話・チャットなどで好きな時に好きな分だけ勉強するようにしてます。(伸び率は小さいけどモチベーションはずーっとキープできてます。)

イヤだとは書きましたが、それでもToeicを勉強してスコアアップとともに苦手部分を発見したことや文法知識の抜けを埋められたことに関しては恩恵を感じています。嫌われ者のToeicですが、うまく活用すると英語の基礎固めには最適な学習素材です。

追記:Toeic地獄脱出ガイド作成

  1. 英文法を定着させる効果的な反復勉強とそのタイミング
  2. 公式問題集1冊でOK!!1冊やり込み法で目指せ高スコア
  3. 文法1000本ノック!!スピードを上げるほど正答率は上がる
  4. プラスα速読トレーニングでPart7をぶっちぎる
  5. チリも積もればハイスコア?通勤中のスキマ学習やランニング中のナガラ学習
  6. 脱出成功!!Toeicスコア900超えを達成した1ヶ月間の勉強法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です